プロフィール
ベンチャーズ騎士、はリズムとハーモニー、メロディーという音楽の3大要素を、最もシンプルかつストレートにまとめあげた、インストゥメンタル・グループの形態をとっている。
 リズムはドラムとベース、そしてリズムギターのコードとベース、そしてメロディーをリードギターがくっきりと示していく。全くムダのない最小構成での音楽調和とお互いの明確な位置付けがそこにあるのだ。4人のメンバーの役割がはっきりし、各々が重要であるから、1人が欠けても物足りない状態になる、これがベンチャーズサウンドである。
 一見リードギターが主役のように見えるが、実は全員が主役であり、各々に見せ所があるのである、我々の音楽性は、メロディー優先ではなく、総体としてのサウンド重視型のバンドスタイルを特長としている。その奥に深い音楽性があることを包み隠してしまう、シンプルさがベンチャーズサウンドの個性である。が
バンド名
ベンチャーズ騎士(ナイト)
ベンチャーズ:
冒険者たちという意「Ventures」その物を示す

騎士:ベンチャーズに付き従い、又守り抜く気高き騎士(ナイト)
1998年4月に松田、林の2人でベンチャーズのコピーを始める。その後、ドラムの佐藤が加わり、ベースが無い状態で約2年が過ぎようとしていた2000年10月。そのとき天の恵かベース合田との出会いがあり、ベンチャーズ騎士が誕生したのである。2008年には初代リードギター林氏が卒業、その後児見山氏も2009年で卒業となり現在二瓶氏のリードギターでベンチャーズ騎士の理想的なサウンドとなった。
ヒストリー
バンドのモットーは「バランス・和を持って尊し」です。サウンド的には原曲に近い音を基本とし「何も足さない、何も引かない」でがんばっています。なぜならベンチャーズのメロディーが音楽的にハイ・グレードなものであり、ベンチャーズをコピーする事によって、今日あるロック、ポップスをその根底から理解ことも出来るからである。
「1964年当時に聞いたベンチャーズサウンドの演奏と感動をもう一度自分たちの手で再現したい」が私達の原点です。
コンセプト